TOP > たいめいブログ > がんばる埼玉県警

たいめいブログ

私のおじ、原宏(武州ガス会長)は元埼玉県公安委員長だ。
なおさら、埼玉県警の「強い警察力」に対して私は現職の頃から、私にできることを一生懸命やってきた。

警察官増員については、故土屋義彦知事、そして上田清司知事とともに力を合わせた。

埼玉県は警察官の人口負担率(県民一人当たりの警察官の人数)が多い県である。
少しずつでもその負担率は減少傾向にあるものの、まだまだだ。

そんななか、8・28付け読売新聞にいい記事が載った。
今年上半期の「重要犯罪検挙率が全国でトップ」ということだ。年間過去二年連続で全国二位。
重要犯罪とは(殺人、強盗、強姦、強制わいせつ、放火)などを指す。
認知負担件数が全国で二位なのに、検挙率がトップということだ。
これは本当に凄いことだ。
殺人事件の解決力が高いことも評価されている。

日ごろの警察官のみなさんの使命感に頭が下がる。

現在の刑事部長は、久々に埼玉県警からの人事。(通常刑事部長は警察庁からの人事)。
O刑事部長は、捜査二課出身、県警生活安全部長から刑事部長に。
多くの警察官を育ててきたこともあり、より一層検挙率アップに警察官が、地域警察官(交番、パトロール)から刑事課員
心ひとつになっていることは県民の一人としても心強い。

月別アーカイブ

山口たいめい動画レポート

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法

Copyright 山口泰明事務所 All Rights Reserved.