TOP > たいめいブログ > ラジオが果たす役割

たいめいブログ

新藤総務大臣は、22日の閣議後会見で、災害時に自治体からの情報発信を強化するため、「放送ネットワークの強靱化に関する検討会」を設置すると発表した。

特に緊急時のラジオ放送を重視し、放送設備の防災対策などを話し合うとのこと。

 

一昨年の東日本大震災の時も、阪神・淡路大震災の時も、ラジオだけが唯一の情報源だった。

被災された方々にとって、ラジオは情報を入手するだけではなく、気持ちを和ませてくれ、希望を与えてくれるものだ。

だが、ラジオを取り巻く状況というのは厳しい。 

資金難から、放送設備の防災対策が進んでいない放送局もあるのだ。

検討会では、放送関係者や学識経験者などが参加し、関連施設の防災対策や、難聴地域の解消、そして経営環境の改善についても話し合われるそうだ。

 

メディアの多様化もあり、普段ラジオを聴かないという方も多いだろうが、今一度ラジオに目を向けて頂きたい。

 

ラジオが果たす役割は大きいのだ。

月別アーカイブ

山口たいめい動画レポート

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法

Copyright 山口泰明事務所 All Rights Reserved.