TOP > たいめいブログ > 新春ご挨拶

たいめいブログ

統一地方選挙の年

今年は四年に一度の統一地方選挙の年とあって、埼玉十区内では一月に、川島町長選挙、四月十日は埼玉県議会議員選挙、同二十四日には東松山市議会・鶴ヶ島市議会・吉見町議会・川島町議会・滑川町議会の議員選挙。五月、鳩山町議会選挙。八月、小川町議会選挙。十月、嵐山町議会選挙と連続して行われ、有権者の皆さまの審判をいただくことになります。

マスコミの影響

身近な代表として議会に送られ、地域の抱える諸問題を解決する地方議員の役割は大きいものです。

マスメディアの論調が選挙結果に大きく影響することは、ここ数回の国政選挙で明らかです。「そんなものか」と思いこんだ、かなりの割合の有権者はいとも簡単に投票行動を変える傾向がありました。

期待を集めた「政権交代」

民主党の掲げた「政権交代」の四文字は、何か良いことが起こりそうな気にさせました。この頃、自民党は世界的な経済危機の中にあって、国内の消費拡大を目指すエコ減税や家電ポイント制度など必死の経済対策に追われ、マスコミの煽動する「政権交代」に対抗することの出来るインパクトの強い訴えをする暇(いとま)もありませんでした。

国柄を壊す政権

結果は永住外国人に参政権を付与しようとする、密かに夫婦別姓を促進する、中国共産党にすり寄る媚中・弱腰外交は極めて左翼的。経済対策は無策、マニフェストはほとんど実行されず、党内は内部分裂をおこし抗争中等々、『国民の生活が第一』はすでに過去の事のようです。「こんなはずではなかった…」という国民意識の中で、一時期の熱狂的な期待感は跡形もなく消えてしまいました。

良く見て投票を…

統一地方選挙が全国紙を始めテレビのニュース番組等でも一斉に取り上げられ、投票率の上昇する傾向はメディアの功績かもしれません。しかしながら、選挙結果がマスコミの論調やその時々の一時的な風潮に流されてはなりません。有権者の皆さまには、よくよくしっかりと見据えていただいて、地域に根を張った活動を日頃から積み重ね、住民の要望・地域の課題を明確に把握した候補者に是非ともご支援をいただきたいものです。また、将来に期待のできる新人にも熱い応援をお願いしたいと思います。当選した暁に彼らは「選良」と呼ばれます。投票する側にも選挙の結果に責任があることを、今回の政権交代劇はあらためて示してくれました。

 今年も良い年でありますように・・・。

月別アーカイブ

山口たいめい動画レポート

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法

Copyright 山口泰明事務所 All Rights Reserved.