TOP > たいめいブログ  > 2012 年 1 月 のアーカイブ  

たいめいブログ

1月24日、野田総理の施政方針演説が行われました。福田総理や麻生総理の言葉を引用する前代未聞の演説に、国会内は与野党を問わず、白けムード。

さらに消費税増税路線を突っ走り、所得税の最高税率も吊り上げられそうです。消費税8%・10%への増税、そして、その使い道は国民が納得できるもっと具体的な制度設計と説明が必要です。

また多くの経済学者が指摘している通り、デフレ下の増税は更なるデフレの悪循環を招くことになります。毎年1兆円以上の社会保障費増額に対応するため増税は避けては通れません。しかしながら、1%ずつのきめの細かい増税手法や、増税時期の再検討、品目別税率の多様化等、知恵をもっともっと出すべきです。国会議員の定数削減、国家公務員給与の8%削減を交換条件に増税しようという姑息な手段を容認するわけにはまいりません。

政府の思い切った財政出動による公共事業の復活・内需拡大等、デフレ脱却のための景気対策がいずれ税収増を招くことを過去から学ぶべきです。遅れに遅れている東日本の復興対策はもちろんのこと、全国土の耐震化は喫緊の課題です。デフレ・円高対策・景気回復の為にも、内需を拡大し公共投資に力を入れ、資金の好循環を招くために、日銀の量的緩和、通貨の継続的な供給を断行すべきです。自然災害にも、いかなる事態にも対処し得る全国的な社会共通のインフラを整備・強化し、強靭な国土建設のために政府の本格的な財政出動が求められているはずです。

月別アーカイブ

山口たいめい動画レポート

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法

Copyright 山口泰明事務所 All Rights Reserved.