TOP > たいめいブログ 

たいめいブログ

『山口たいめいのタックルin鶴ヶ島&東松山』You-Tubeアップしました。

動画配信中。こちらからどうぞ!!  ☞ http://t.co/YRTOY7uJ

東松山市「山口たいめい」後援会恒例のバス旅行が二日間に分けて開催されました。両日とも夫妻で参加。横浜港水上バスクルーズ・中華街散策・池上梅園に立ち寄りました。二日間でバス13台総勢500名以上のご参加を頂きました。

 

P3070064

会員の皆様と談笑しながら散策しましたが、長引く寒さのせいで今年は、まだ花がまばらです。

時の流れは早いが、復興の進み具合は遅々として先が見えない。放射能汚染の除去作業もまったくと言ってよいほど進んでいない。そもそも被災直後の初動に問題があったことは明らかだ。原発事故の対応については、先月末に示された福島原発事故独立検証委員会報告書に明らかだ。被災地に対する応急的な処置とその後の本格的な復興のための対策がかみ合わないという極めて稀な事態が生じている。そもそも、ごく一部を除いて東北地方は過疎化・少子化・高齢化が進展中であった。遅れている復興事業によって、さらに過疎化が進む恐れがある。東日本の復興は単なる震災前の状態に戻すことでは済まされない。恒常的な人口減の原因はいくつも挙げられるだろうが、道路や公共施設を以前のように建て直しても、地域の魅力を取り戻し、引き立たせなければ人々は戻ってはこまい。

地方には先の大戦を含めた、明治以降の国に殉じた幾多の英霊を祭る忠魂碑が建立されているが、今では花を手向ける人も少なくなった。ご先祖様に感謝の誠を捧げ、今日に感謝する姿は我国の自慢のできる風習だった。戦後の教育が極めて唯物的思想をはびこらせ、都会に出ることに、若者たちは何の躊躇も抱かなくなった。その最年長世代は今や還暦を過ぎている。いまからでも決して遅くは無い。震災直後に見せた地域の絆・互いを思いやる気持ち・秩序のある行動が世界中から絶賛を集めたではないか。

復興のテーマは都会の営みの対極にあると言っては言い過ぎだろうか。

さる2月25日の『タックルin東松山』で盟友の下地幹郎衆議院議員が「政治家の根性が無くなっている。民主党は特にそうだ。国民新党の言うことを聞けば少しはましになる」と嘆いていた。昨今の政治は、確かに大衆に迎合する傾向が強くなり、バラマキ型の行政はその典型だ。この国をどのようにするかの具体的、かつ明快な将来像を示すことは、国家感や政治家としての使命感が希薄だと無理なことだ。

自民党は党是に「自主憲法の制定」をあげている。立党以来なかなか前に進まなかったが、次の総選挙には論点となりそうな気配がしている。『タックル』でもテーマのひとつとなったが「石原新党」も「大阪維新の会」も政策の中に憲法の改正を謳っている。自主憲法の制定には、まだまだ時間をかけ充分に議論をしなければならないが、我国の国家目標のひとつとして掲げることが出来るならば、戦後教育の中で希薄になった国家意識を取り戻すことが出来る。その中には国防も入るだろうし、世界一を目指す心意気も含まれるだろう。日本国民の誇りも育むことが出来る。

今年の4月28日は我国がサンフランシスコ講和条約の基に再び独立を果たして60周年の記念すべき日である。安倍元総理は国民投票法や教育基本法の改正を行ったが、目に見える戦後レジームからの脱却を果たすことなく、辞任せざるを得なかった。しかしながら自主憲法の制定に向けて弛まぬ政治活動を続けておられる。国民の心棒である『自主憲法の制定』は、デフレ対策とともに我国の最優先課題であると思う。

今こそ自民党の根性を示す時だ。

山口たいめい君を国会へ送る会in小川

と き:3月31日(土)午後6時開演

ところ:リリック小川

講 演:第92代内閣総理大臣 麻 生 太 郎 先生

 

山口たいめい君を国会へ送る会in吉見

と き:4月8日(日)午後6時開演

ところ:フレサ吉見

講 演:第92代内閣総理大臣 麻 生 太 郎 先生

 

山口たいめい君を国会へ送る会in滑川

と き:4月21日(土)午後6時開演

ところ:滑川文化センター

講 演:自民党政調会長 茂 木 敏 充 先生

 

山口たいめい君を国会へ送る会in嵐山

と き:5月12日(土)午後6時開演

ところ:北部交流センター(旧農耕センター)

講 演:自民党選挙対策局長 川 村 建 夫 先生

 

山口たいめい君を国会へ送る会inときがわ

と き:5月27日(日)午後6時開演

ところ:玉川アスピア

講 演:第92代内閣総理大臣 安 倍 晋 三 先生

 

山口たいめい君を国会へ送る会in鳩山

と き:6月10日(日)午後6時開演

ところ:鳩山町文化会館

講 演:元少子化対策担当大臣 小 渕 優 子 先生

■ 2月27日(月)18時より

滑川町コミュニティーセンターにて開催されました。

sCIMG0360

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出席者は、約50名。

この日の議題は、4月21日(土)18時より 滑川町コミセンにて 茂木敏充自民党政調会長

を講師に迎えての時局講演会に向けて、第一回目となる会議でした。

議題終了後には、本人より挨拶があり、「現在浪人中の身ながら、ここまで頑張って

こられたのは、皆さまからの温かいご支援があったからです。一刻も早く国会へ戻り、地域の為、また皆さまに

恩返しができるよう、精一杯頑張っていきたい!」と力強い決意が述べられました。

当日は、会場が溢れんばかりの町民の方が集まるよう、頑張ってまいります。

満員御礼!大盛況!!

2・25「山口たいめいのタックルin鶴ヶ島」&「山口たいめいのタックルin東松山」

遠方からお集まりいただいた豪華メンバーが勢ぞろい。両会場とも聴衆で満杯。大村秀明愛知県知事・西田まこと参議院議員からも祝電が寄せられ、改めて「山口たいめい」の人脈の広さを見せつけた。進行の取り回しは田崎史郎さんにお願いし「山口たいめい」も討論に参戦。

「民主党のどこがダメか」「消費増税に関する考え方」「自民党の支持はなぜ伸びないのか」「石原新党・維新の会新党についてどう考えるか」「総選挙時期と、政権奪還の可能性は」について、事情通の田崎史郎さんの鋭い突っ込みに発言者もついつい本音を吐露。手振り身振りを交えた激論に、会場からは盛大な拍手がわき上がったり、大受けの笑いがおこったり。観衆は、新聞・TVでは絶対に聞けない話に、大好評を博した。最後に出演者の皆様から『山口たいめいさんに一刻も早く国会にもどって来てほしい』と励ましの言葉を頂戴し、聴衆の皆様には力強いご支援のお願いをしていただきました。

支援者の一人は『このようなイベントを開催できるのも「山口たいめい」の日頃の活動の賜物だ。これだけのメンバーを一同に会することにできる人は、現役と言えどもいないだろう。人柄が豪華メンバーを集めることが出来た』と満足そうに語った。

 2008_0101_000000-DSCN10422008_0101_000000-DSCN1063

■ 2月24日(金)19時より

フレサよしみ会議室にて開催されました。

sCIMG0356

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出席者は、約60名。

この日の議題は、来る4月8日(日)18時より フレサよしみ大ホールにて 麻生太郎元総理を講師に迎えての時局講演会に向けて、

後援会幹部を集めての会議でした。

会議冒頭には、本人から現在の政治状況や次期衆議院選挙に向けての新たな決意が述べられました。

sCIMG0355

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当町における一大イベントとなりますので、全力で頑張って参ります!!

本日、武蔵嵐山駅にて始発の駅立ちを行いました。

選挙区内の全駅にて実施し、本日が最後の始発の駅立ちとなりました。

朝の凍える空気の中、通勤途中の方々に対し元気いっぱいに声を掛けました。

元気いっぱいに「おはようございます!」

■ 平成24年2月14日(火) 17時より

坂戸グランドホテルWINにて開催されました。

DSC_0005

DSC_0002

 

 

 

 

 

 

当日の出席者は、約280名。

総会では、坂戸市長 伊利 仁様をはじめ、参議院議員 関口昌一先生・参議院議員 古川俊治先生から来賓として挨拶をいただき、新年懇親会では、参議院議員 猪口邦子先生にご講演をいただきました。

DSC_0055

月別アーカイブ

山口たいめい動画レポート

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法

Copyright 山口泰明事務所 All Rights Reserved.